お知らせ

スキー場の駐車場ではアイドリングストップを!

地球温暖化は他人事ではありません.雪がなければスキーはできません!


ただ今レッスン受付中です!

プライベートレッスンのご予約はこちらから.

スペシャルレッスンのご予約はこちらから.

※うまく予約できない場合、他の希望日がある場合、ご質問等は本ページ右下のメールフォームでご連絡をお願いします

レッスンコンセプトは こちらの記事をご覧ください.

Blog記事は ↓↓この下↓↓ です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践で役立つ

 Kさんの3フレーム目は不整地スペシャルでした.
 まずはユリワリのコブコブから.急コブ斜面は小回りがベースになります.コツとしては、上体をフォールラインに向ける、コブの背中を横滑りしてスピードコントロールする、吸収解放のタイミングをコブに合わせる、ラインの先読み(1ターン先)をする、などです.
 ご本人はコブではターンが続かないと言ってましたが、スルスルと降りてしまいました! 苦手なラインコブも、ラインのリズムと吸収解放の呼吸を合わせることで何ターンか続くようになりました.

 その後、峰の原のコース脇、三角山など、簡単でないクラスト気味の微妙な雪質を滑りましたが、すばらしい安定感で踏破しました.

 決して自分の趣味(^^ゞではないんですが、どんどん変態ゾーンにお誘いして連れまわしてしまいました…  が、応用幅の広い技術を習得してるな~と思いました.あとは積極的にそういう状況に入っていくかどうか、だと思います.

 斜面や雪質が厳しい条件になると、必然的にバランス崩されまくりで整地を滑るような心地よさはないと思います.私的な意見ですが、それを求めてはいけません.
 それよりも自分にとって難しいと感じる条件をどうやって克服しようとするか、あるいはもっと進んでそれをいかに楽しめるか.
 そんなところを滑り終えてふと斜面を振り返った時の満足感、これに気づいて欲しいと感じます.

 …レッスン後、Kさんに聞いてみたんです.
 「不整地を滑るとき、整地を滑るときに比べて何か滑りを変えましたか?」
 答えは、
 「いいえ」
 でした.ホントそれでイイんだと思います.実践で役立つ技術を身につけているということです.

 最後に、変態ゾーンを連れまわしたことに対して「私、もともと変態だから全然気になりません!」とのこと.恐れ入りました~(^^♪
 レッスンしながら自分自身も楽しんでしまいました.またご一緒したいですね.


[インフォメーション]
 昨年大盛況だった「FSS野麦感謝祭」、今年も3月21日に開催決定です!
 詳細がこちらにアップされてます.ご覧ください!!

 なんと、同じ21日はながわ観光協会イベント「野麦峠スキー場 サンクス・デー」も開催されます.噂の「とうじすいとん汁」もまた振る舞われます.
 詳細はこちら

 あれ?名前が「とうじそばだんご汁」に変わってる??
 われらがオッキー隊長がこのイベントと、7~8日のプレイベントに大活躍!しそうですよ.

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://47fssmassan.blog81.fc2.com/tb.php/189-e1fbc6b7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。