お知らせ

スキー場の駐車場ではアイドリングストップを!

地球温暖化は他人事ではありません.雪がなければスキーはできません!


ただ今レッスン受付中です!

プライベートレッスンのご予約はこちらから.

スペシャルレッスンのご予約はこちらから.

※うまく予約できない場合、他の希望日がある場合、ご質問等は本ページ右下のメールフォームでご連絡をお願いします

レッスンコンセプトは こちらの記事をご覧ください.

Blog記事は ↓↓この下↓↓ です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得の滑り

 今日は、野麦峠スキー場で行った「ワンデーレッスン シーズンインガイダンス」に、I浜さんに受講いただきました.

 テーマは「シーズンインガイダンス」ですが、I浜さんのFS初体験ということで、FSのご紹介をしながらのレッスンとなりました.スキー歴が長く、もともとお上手な滑りをされていましたが、イマイチしっくりこない部分があるとのことで、まずは足裏のオレンジを意識してもらうことから始めました.オレンジは第一に支点位置の象徴で、一般的に言う「乗るポジション」になります.
 まず押すプルークで、Do的にスキーに圧を与えてターンを行いながら、圧を加えるポイントとして谷足土踏まず付近にあるオレンジを自分の力でジワーっと押しつぶす要領で滑り、オレンジの位置を明確にしていただきました.
 次に引くプルークでLet感覚と、引いた足と反対側に感じる「雪面からやってくる圧」を、やはり谷足土踏まず付近にあるオレンジが潰されているイメージを持ちながら滑って頂きました.FSではこのLet感覚のスキーイングがベースにあり、自分の力以外の力(スキーの性能や重力、斜面)を利用した省エネスキーであることを解説、それを体験しました.違ったスピードや斜度を滑る中で、潰されている谷足オレンジの位置を明確にすることにより、バランス維持の基準点を意識することができ、実際にそれで以前より安定したスキーができることがわかっていただけたと思います.これがしっくり感を得る一つの方法だと思います.あとはドリル練習です.何か違和感がある時、とりあえずこれを思い出してください.

 支点意識や、既にある自分以外の力を利用する感覚がわかったら、今度は谷足オレンジの位置に加えて潰され具合を感じることが次のステップです.スタンスは何でも良いので、パーツ練習ですが、ターン後半にスキーと雪面とが作る圧で谷足のオレンジが潰され過ぎないようなイメージで滑って頂きました.これは飛んで来た生卵を割らないようにキャッチするときの腕の使い方に似ています.それを脚や体全体で表現する、という課題になります.見た目にはエッジの使い過ぎを防いだり、いろんな場面でバランスを崩されにくくなります.エレガントな奇麗なS字型の回転孤が描けるようにもなります.そしてターン後半の強い圧で筋肉を疲労させないために必要なものです.このイメージが「オレンジが潰され過ぎないようにもら~う」というイメージです.

 これを繰り返すことにより、I浜さんにも少しずつですが脚の伸縮が見え始めました.ここで、貰ってばかりではダメなので、貰って蓄えた圧をターン前半ではもらった脚と反対側の脚を経由して雪面に「お返しする」イメージを加えると、脚の伸縮運動がターンと連動してタイミングよく行われるようになりました.
 あとはもらう~かえ~すをゆっくり行うとか、かえ~す場面を意識的に長くしてみるとかいったバリエーションを行うと、I浜さんのスキーは、ご自分の意識としても見た目にも違ったものになったと思います.圧がターン後半だけに集中することなく、自分の力を極力使わず、かつ余裕があり優雅に見えるスキーに変わられました.安定度も増しました!
 私と同年代のI浜さんが、これからも末長くスキーを楽しんでいただけるような土台として、このFSを活用されることを期待しております.不思議童子さんのお風呂も充分楽しまれましたか?

 私の今シーズンの初レッスンでしたが、おかげさまで楽しく有意義な日になりました.ありがとうございました.
 また機会がありましたら是非ご一緒しましょう!


 

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://47fssmassan.blog81.fc2.com/tb.php/126-8bf3d906

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。